お知らせ

お盆休診のお知らせ

8月11日(土)~8月15日(水)
休診致します。

8月16日(木)から通常診療となります。

何卒よろしくお願い申し上げます。


2016年06月30日

ホームページをリニューアルいたしました。


医院概要

広島県広島市中区八丁堀14-10 新八丁堀ビル7F(デイリーヤマザキの上です、路面電車通り沿いにあります。)

TEL:082-221-6838

 診療時間

月~金曜日 9:00~20:00

土曜日   9:00~17:00

◎予約優先、急患は随時受付
日曜日、祝日は休診。ただし急患の方はお電話でお問い合わせ下さい。

お昼休みはその日によって変わりますので、お電話でお問い合わせください。

TEL:082-221-6838

HOME > 歯を失った方へ

歯を失った方へ

歯周病、虫歯などで抜歯した後、インプラントにするか、義歯(入れ歯※部分入れ歯)にするか、ブリッジにするか、悩んだけれど決められず、そのまま放置されている方はいませんか?

放置していると前後の歯がだんだんと動いてしまい、噛み合わせが悪くなったり、食べ物が詰まって、歯周病になることがあります。

放置期間が長くなると、治療がより困難になる場合もありますので、ぜひ当院までご相談ください。


歯を失った場合の治療方法について

歯を失った後の治療方法としては、インプラント、義歯(入れ歯※部分入れ歯)、ブリッジなどがありますが、当院では入れ歯治療に力を入れております。

義歯(入れ歯※部分入れ歯)は、インプラントのように高額な治療費や手術も不要、ブリッジのように健康な歯を削る必要もありません。

入れ歯と聞くと、あまり良くないイメージがあるかもしれませんが、当院では患者様のお話をよく伺い、その方に一番合ったものをおすすめいたしますので、安心してご相談ください。


義歯を使う理由

1つ:見た目
2つ:食べる力を保つ
3つ:残っている歯を良い状態に保つ


方法とメリット・デメリットについて

ブリッジ(固定式)
メリット デメリット
  • 付け外ししなくて良い。保険適用外の材料を選択すれば、ご自分の歯に近い見た目にできる。
  • 保険の場合は奥歯は金属色。前歯は保険で白くできます。取り外しなし。 
  • 周囲の健康な歯をけずる必要がある。
  • 大きくな負担が周囲の健康な歯にかかる。

条件:両隣の歯の状態が良好、失った歯が1~3本まで。


部分入れ歯(着脱式)
メリット デメリット
  • 歯を失った後でもすぐ治療取り掛かれる。手術不要。身体に負担が掛からない。
  • ブリッジのような健康な歯をけずる必要がない。値段も安価。作り直し・調整が可能。
  • 失った歯が1本でも何本でもとびとびでも使用可能 。それに合わせて色々な形を作ることができる。
  • 異物感がある。食後はずして洗浄が必要である。 
  • 異物感の少ない金属性の義歯にする場合は、自費となる。保険では留め金が見える部分がある。


ノンクラスプデンチャー(自費)
メリット デメリット
  • 食べ物が入れ歯に挟まりにくく、快適。  
  • 口にも歯にもやさしく痛くない。  
  • とても薄くて軽いので、発音しやすい。  
  • 金属がないので、口元が気になりません。  
  • 透明感があり、入れ歯が目立ちません。  
  • 金属アレルギー体質の方にも安心です。  
  • お口の状態に合わせて、色々な形で作ることができます。
  • 費用が高額。


マグネット磁石式入れ歯(自費)
メリット デメリット
  • 強い維持力で装着による違和感が少ない。ずれない、はずれない。 針金がない。見た目が良い。咬む能力は比較的維持できる。
  • 費用が高額。

マグネット磁石式入れ歯とは・・・・失った歯の根っこの上に小型の磁石を付ける。 その裏側が磁石がついていて、装着する。


インプラント
メリット デメリット
  • 歯を失った部分だけの治療で済む。
  • 費用が高額、自費の治療、手術が必要。身体的な負担がある。
  • 局所的麻酔によりできないこともある。6週間から数か月くらいの治療期間が必要。
  • 今まで以上のクリーニング・メンテナンスが大切。(固定式のため歯磨きが難しい)

条件:顎が骨がしっかりしていれば使用可能。

適用が難しい場合:糖尿病、心臓病、肺の病気、ヘビースモーカー、重度の歯周病

義歯(入れ歯)について